factoring

ファクタリングとは?さらに詳しくご紹介

投稿日:

はてな

 

ファクタリングという方法があるということは分かったし、資金ショートを防ぐ上でも有効ということも分かった。でももう少し詳しく知りたい。そうでないと安心してお願いできないと感じる方は多くいます。ここでは改めてファクタリングという資金調達の方法についてご紹介いたします。

 

ファクタリングの仕組みは?

 

ファクタリングは売掛金を債権としてファクタリング会社に買い取ってもらうことで、資金調達する方法です。

資金を調達するということになると、一般的には銀行などの金融機関から融資や借入をするということを思いつくかもしれません。しかしこのファクタリングは新たにお金を借りるということではありません。そうです、借りない資金調達がファクタリングなんです。ファクタリングは、あくまでも入金予定のある売掛金、すでに売上たけれど入金がまだ先という売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、素早く資金調達をする方法なんです。

 

売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、資金を調達する

 

売掛金の入金は、取引先との約束にもよりますが商品を納品してから、1カ月先とか2か月先などと決まっています。しかしその入金の期日までにどうしてもキャッシュが必要になった、急な出費が発生したために今すぐ支払いが必要となった場合にファクタリングサービスを活用する訳です。

たとえば、あなたの会社が取引先A社に売掛金が500万円あったとしましょう。そしてそれは2か月後に支払われる予定です。

しかしその入金予定の2か月の間にどうしてもまとまったキャッシュが必要になってしまいました。その支払いができないと資金ショートとなって、倒産してしまうかもしれません。しかし、銀行からの追加融資は見込めそうにありません。

そこでファクタリングを利用すると、ファクタリング会社はその売掛金の500万円を買い取り、一定の手数料を引いた額をあなたの会社に振り込みます。そうすることで2か月先だった入金が、すぐになされてこれで当面の資金繰りが楽になります。資金ショートを回避することができるようになります。

そして2か月後、予定通りA社から売掛金の500万円の振り込みがありました。あなたはその500万円をファクタリング会社に送金します。

ある意味とても簡単で理にかなったサービスですよね。

 

ファクタリング利用のメリットは?

ファクタリングのメリット

 

ファクタリングを利用するメリットはいくつかありますが、代表的なものは下記の3つを上げることができます。

 

素早く資金調達ができる

何と言っても即現金を用意してもらえるというのが大きなメリットになります。即日で用意してくれるファクタリング会社もありますので、もう時間がない!という場合に大変助かりますね。資金ショート寸前という場合に、すぐにキャッシュが手に入るのは非常に助かります。取引先からの売掛金の入金を待たずに、すぐにキャッシュを手にすることができるというのが大きなメリットになります。

 

審査がとても簡単

即日でキャッシュを用意してもらえるのも、この審査がカンタンで厳しくないというのが大きい訳です。銀行などからの融資や借り入れの場合は、入念に審査され多くのチェック項目がありますので、通常時間がかかります。ですから資金ショート寸前といったように、すぐにお金が必要といった緊急の場合には向きませんよね。

ファクタリング会社の審査がカンタンな理由の一つは、売掛金という短期でお金が入ってくる見込みがあり、回収までの期間が短いという点があります。銀行からの借り入れは長期に渡って返済していく古都になりますから、今後何年間かずっときちんと返済していく能力があるかどうか、経営状態はどうかなど色々なチェックポイントがあるので、審査に時間がかかります。

一方ファクタリングの場合は、翌月などにすぐ回収することができます。ファクタリング会社は銀行とは違って短い期間で回収することができるので、審査チェックも銀行とは違って比較的簡単になります。売掛金が信頼できるかどうか、取引先から期日までに入金がなされるかどうか、そこを重点的に見ますが、後はそれほど厳しいチェックは行われないんです。

 

負債にならない

銀行などの金融機関に借り入れたり融資を依頼すると、当然それは借金つまり負債という形になります。でも、ファクタリングの場合は負債にはなりません。繰り返しになりますが、ファクタリングは借り入れではなく買い取ってもらうからです。ですから、貸借対照表などにも負債と記載する必要はありません。

ファクタリング会社によるファクタリングは、償還請求権無しというのが一般的ですから、負債扱いにはならないのです。

ですから今後の銀行や他の金融機関との取引にも影響が及ぶ心配はありません。よそからも借り入れがあり、どんどん負債額が大きくなっていくなら、追加融資などを見込むことは難しくなっていきますよね。でもファクタリングは負債ではないため、銀行からすると信用度は変わらないというメリットにもなります。

 

ファクタリングは銀行に頼らない資金調達方法として今話題になっています。借りない資金調達として、資金ショート寸前の場合でも生き残るための優れた方法と言えます。日本ではまだ馴染みはないかもしれませんが、すぐに調達できることもあり、全国の中小企業の社長さんたちが利用を検討しています。

 

資金ショート寸前!倒産を防ぐための資金調達方法 TOPページへ

-factoring

Copyright© 資金ショート苦しい時の資金調達法 , 2018 All Rights Reserved.