まずい...キャッシュがない

 

支払いはもうすぐ目の前...

 

資金ショート...倒産間近か...

 

会社を経営していると、ピンチに追い込まれる時が時々ありますよね。頼りにしていた取引先との契約が打ち切りになったり、予定していた入金がなかったり、急な支払い請求がきたり。

 

社員や家族、取引先を守るために一生懸命やっていても、うまくいかない時があるのも経営の真実ですよね。資金がもうショート寸前。どうやってこの窮地を乗り越えたらいいだろうか、と悩むこともありますよね。

 

資金ショート寸前

 

そんな全国の悩める中小企業の社長さんたちに朗報です。もうダメだと思っても、まだあきらめるのは早いです。資金ショート寸前でも、まだできることがあります。苦しい時にこそできる資金繰りの方法について、このサイトではご紹介しています。

 

特に、借りない資金調達である「ファクタリング」という、ピンチをチャンスに変える資金調達の方法についてもご紹介いたします。

 

もしあなたが......医療・介護事業を経営しているならば、売掛債権を活用したファクタリングによる資金調達はよりスムーズに行なうことができます。

医療・介護専門の資金調達サポート

Hファクター 医療・介護専門のファクタリング会社

Hファクター

Hファクターは、医療・介護事業専門のファクタリングを行なっているので、業界内の事情に詳しく親身になって相談に乗ってくれます。

 

・保証人不要、来店不要、審査もスムーズ

・手数料1.5%~(業界最安値)

・最短3日で用意

専門のコンサルタントがいるので安心して資金繰りについて相談できます。業界内の事情に詳しいので、かゆいところに手が届くサポートが期待できます。

 

 

人は苦しい時に視野が狭くなり、物事を冷静に見つめることができなくなってしまいがちです。そして万策尽きたと思いがちですが、じつはまだまだできることが残されている場合もあります。

 

このサイトが、資金ショート寸前の悩める全国の社長さんたちにとって、助けになることを願っています。

 

資金ショートとは?赤字とは意味が違う

質問

 

まず改めて、資金ショートという言葉の意味について考えてみましょう。

資金ショートという表現はよく聞きますが、実際の意味するところは一体どういうものでしょうか?

資金ショート:手元にある現金が少なくなり、仕入れやその他の運転資金の支払いができなくなる状態を指します。

たとえば売上が下がって赤字になったとしても、資金ショートと言えない状況もあります。経営としては赤字でも、運転資金などの支払いができるならそれは資金ショートとは言わない訳ですね。

ということは、売り上げが黒字であっても現金が手元になく、支払いができないならば資金ショートとなり黒字倒産という憂き目に遭う可能性もあるんです。

 

赤字経営=資金ショートではない

 

資金ショート=現金が少なくなり、支払いができない状態

 

資金ショート コスト削減のさらなる徹底

対策

 

キャッシュフローや経営状態がいまいちな状況になってから、すでに色々なコスト削減をしてきていることでしょう。でも改めてもう一度見直してみると、まだまだムダなコストがあることに気づくかもしれません。

社員たちは経営状態が良かった時のイメージそのままで、接待交際費などを使っているかもしれませんし、節約意識の低いままでいることもあるかもしれません。

またさらに

役員報酬や人件費のさらなる見直し

原料や仕入れ費の値下げ交渉

赤字事業の廃止

遊休資産や個人資産、不動産などの売却

税金や保険の支払いを遅らせる

 

ざっとあげただけで、以上のようなことができます。まだまだコストを削減できる分野があることに気づくかもしれませんね。

 

税金や保険料の支払いは待ってくれるの?

 

税金や社会保険などの支払いは、社員数によってはかなりの額に上るため資金繰りが厳しい時はかなり堪えますよね。長期に渡る滞納は、国からの差し押さえなどに繋がることがありますが、本当に苦しい時に一時的に支払いを遅らせるのは有効な資金繰りの方法と言えます。

滞納があったからといってすぐに差し押さえされる訳では決してありません。まずは滞納があることを知らせる文書が送付されてきます。そしてそれでも支払いがなされない時に、差し押さえという最終手段がなされます。

しかし国としても会社を潰すことが目的ではありません。倒産してしまえば、税金や保険を徴収できない事態になります。あくまでも完納が目標です。

ですから事前に資金繰りが厳しい状況を説明しにいき、いつごろまで待ってもらいたいのか、いつごろには資金繰りが改善する見込みがあるのかなどを、誠実に説明しに行くことによって支払いを待ってもらうことができる可能性があります。一時保留や分割払いに応じてくれる場合もあります。

税務署や年金事務所に出向いて行って、資料などをきちんと用意して誠実に向き合うことで功を奏することが多いと言えますよ。

 

資金ショート その他の資金繰りの方法

 

コストの削減を徹底したならば、今度はまた別の資金繰りの方法に取り組んでみましょう。

銀行へのリスケ依頼

リスケ

 

リスケジュールはかなり有効な手段と言えます。毎月の銀行の融資や借入の返済金額や時期を見直すことで、当面の資金繰りを良くしていこうという訳です。

たとえば毎月銀行に50万円を返済しているとしましょう。それを向こう1年間の間、半分の25万円にしてもらうと25万円×1年で300万円となり、それだけ資金に余裕ができることになります。

 

そんな簡単にリスケに応じてくれないのでは?

と疑問に感じるかもしれませんが、じつはきちんとした根拠を示せば案外受け入れてくれることが多いのです。

銀行側の考えとしては、このまま資金が本当にショートして倒産となり、貸し付けたお金が不良債権となることが一番防ぎたい事柄です。ですから1年であれば1年間返済額を調整してもらえれば、経営を立て直してまた1年後からしっかりと予定通りの返済を行なっていけるということを理解してもらえれば良いわけです。その明確な根拠を資料として提出することができれば、リスケを受け入れてもらいやすくなります。

 

つなぎ融資などの新たな借入

資金ショート寸前の場合、つなぎ融資で一時的に資金繰りを良くするという方法があります。つなぎ融資とは、一般的な長期に渡って返済していくという借り入れではなく、一定期間(一時的)の借り入れのことを意味します。例えば、今月の支払いのためのキャッシュが足りず、臨時の穴埋めに使用する短期間の融資のことをつなぎ融資と呼んでいます。

銀行からの新たな借入や融資の審査が通ればそれで良いのですが、資金がショートする寸前といった経営状態の悪化が見られる場合、銀行の審査はより厳しくなります。

それでこのつなぎ融資でよく利用されるのが、銀行などと違って預金業務を行わない「ノンバンク」からの借り入れです。ノンバンク(消費者金融)を利用するメリットは、銀行よりもスムーズに審査が行われることや、審査基準が銀行ほど高くなく、融資が了承される確率が高いことがあげられます。

一方デメリットとしては、銀行などの金融機関よりも金利が高いことがあります。銀行もノンバンクもその法定金利は国によって定められていて、法定金利は以下のようになっています。

 

借入の額 10万円以下 10万円~100万円以下 100万円以上
法定金利 ~20% ~18% ~15%

 

ノンバンク(消費者金融)の金利はこの法定金利の上限ギリギリに設定されている場合が多く、その金利の高さが利用する場合はネックになります。

ノンバンクを利用した資金調達のメリットデメリット

メリット:審査が通りやすい

デメリット:金利が高い

 

ファクタリングという資金調達方法

ポイント

 

銀行からの借入や、ノンバンクからのつなぎ融資以外の資金調達の方法として近年注目されているのが、ファクタリングという方法です。ファクタリングという言葉を聞かれたことはありますか?

 

ファクタリングとは、借りない資金調達の方法として資金ショート寸前にまでおいまれている場合、非常に有効な手段と言えます。ファクタリングとは、簡単に言うと取引先から支払ってもらう前の売掛金を、買取ってくれるサービスのことなんです。

 

ファクタリングとは売掛金を買い取ってくれるサービス

 

企業間取引は基本的に現金払いではなく、掛け売りで行われていますよね。商品やサービスは納品しているけれど、支払い期日までに時間があるというこの売掛金を債権として買い取ってくれて、先に現金として立て替えてくれるサービスのことが、ファクタリングと言います。

 

たとえばあなたの会社に、2か月後に入金される予定の売掛金があったとします。2か月後には確実にキャッシュが入ってきますが、でも目の前の支払いをする現金がなく、資金がショート寸前だと。では、その2か月後に入ってくるキャッシュを先に前借りできたとしたら、資金繰りが大幅に改善されると思いませんか?

 

それがファクタリングという資金繰りを良くする方法なのです。入金が確実な売掛金を債権として買い取ってくれ、すぐに現金化しれくれます。そして2か月後に入ってくる売掛金は、ファクタリング会社が受け取るという仕組みです。

 

簡単に言うとファクタリングとは、サラリーマンの給料の前借りのようなものです。どうしてもお金が必要になったサラリーマンが、会社から給料を前借りします。そして次の給料日には前借りしたお金を返します。そういうものと非常に似ています。

 

期日までに入ってくる売掛金を買い取ってもらって、入金の期日前にキャッシュを手にするという訳です。借りるのではなく買い取りという違いはありますが、少し先にならないと入らないお金をすぐに手に入れるという意味では、同じような仕組みと言えます。

 

もしあなたが......医療・介護事業を経営しているならば、売掛債権を活用したファクタリングによる資金調達はよりスムーズに行なうことができます。

医療・介護専門の資金調達サポート

Hファクター 医療・介護専門のファクタリング会社

Hファクター

Hファクターは、医療・介護事業専門のファクタリングを行なっているので、業界内の事情に詳しく親身になって相談に乗ってくれます。

 

・保証人不要、来店不要、審査もスムーズ

・手数料1.5%~(業界最安値)

・最短3日で用意

専門のコンサルタントがいるので安心して資金繰りについて相談できます。業界内の事情に詳しいので、かゆいところに手が届くサポートが期待できます。

 

 

ファクタリング会社の老舗 三共サービス

経験豊富なスタッフが真摯に相談に乗ってくれる
日本全国対応だから地域差なし
最短2日で用意
最大1億円の買取手数料1.5%~(業界最安値)

製造工程に遅れが生じるとお金のやりくりが厳しくなります。親身に対応頂けて、無理な要望にも応えてもらい大変感謝しています。

金策したものの苦しくなり10社ものヤミ金融に手を出してしまっていましたが、三共サービスさんのファクタリングによって一本化してもらいました。一生懸命サポート頂きました。

以前利用していたファクタリング会社は手数料が高くて困っていました。三共サービスさんは以前の半分程度の手数料で済んでいるので助かっています。

銀行の借入が見込めず困っていましたが、担保も保証人も不要のファクタリングサービスを利用しました。問い合わせから2日でキャッシュが用意でき大助かりでした。

小口から大口までファクタリングのビートレーディング

日本全国対応
ファクタリング認知度全国一
契約件数全国トップクラス
経験豊富な営業がたくさんいて、顧客対応満足度No.1
売掛金があれば、小口から大口まで対応可能

 

ファクタリングのメリット

メリット

 

審査が優しくスムーズ

銀行からの融資や借入の場合は、経営状態などが細かくチェックされ審査に時間がかかることが多く、正直スピード感に欠けます。赤字決算ではないか、税金の滞納がないかなどもチェックされ、該当するならほとんどの場合審査が下りません。ですので資金ショートが寸前の場合は、あまり役に立ちません。

しかしファクタリングの場合は、審査が優しくスムーズと言えます。契約後の即日入金を謳うファクタリング会社も多くありますので、資金ショート寸前でもうすぐにでもキャッシュが必要だという場合はとても便利です。

 

なぜファクタリングは審査が優しいのか?

銀行からの融資などの場合と比べてみると非常に分かりやすいと言えます。銀行の融資の場合は、借り入れたお金をこれから数年あるいは十年といった期間に渡って返済していきます。ですから、あなたの会社の経営状態、業界としての行く末など、長期に渡っての今後の返済が可能かどうかを厳しくチェックされることになります。

銀行は長いお付き合いだからこそ、審査でのチェックが厳しくなる。

一方ファクタリング会社の場合は、2か月先などに入金される売掛金を債権として買い取るサービスです。長期に渡って返済するという概念はありません。ファクタリング会社からすると、2か月先にはお金が入ってきます。いわば2か月だけのお付き合いということになります。

ですので、今のあなたの会社の経営状態がどうとか、赤字決算がどうとか税金の滞納があるかどうかなどはほとんどの場合気にしません。買い取る売掛金の信頼性を一番に見ています。その売掛金が2か月後なら2か月後に確実に回収できるかどうかをポイントとしています。

 

ファクタリング会社は短いお付き合いだから、審査がスムーズ

 

ファクタリングに向くのはどんな会社

ガッツポーズ

 

借りない資金調達であるファクタリングに向く会社とそうでない会社があります。ファクタリングでのお金の調達に向いている場合とはどういうものでしょうか?

 

銀行からの融資を断られた

銀行などの金融機関からの融資や借入が断られているならば、ファクタリングの利用は非常に向いていると言えます。銀行が融資を断ったということは、あなたの会社の何かがお金を貸す上で信用に値しないという烙印を押されたということを意味します。

それは経営状態かもしれませんし、業界全体が落ち目であるとか、赤字決算を出しているとか税金を滞納しているとか、担保や保証人が不足しているなど、銀行が重要ポイントとしていることに引っ掛かってしまっていると言えます。

銀行は長期間での返済を基本としているため、今後何年、何十年とお付き合いしていく上であなたの会社は信用できないという判断を下されたことになります。

一方ファクタリング会社は、繰り返しになりますが、長期間に渡っての返済とは無縁のサービスになります。ファクタリング会社が審査のポイントにしているのは、銀行のそれとは全く違います。買い取る売掛金(債権)が信頼できるかどうか、なのです。

ですので銀行の融資を断られた場合でも、そもそものチェックポイントが違うのでファクタリングの利用は可能な場合がほとんどです。

銀行などの金融機関からの融資や借入が断られた場合は、ファクタリングの利用を検討してみてください。

 

すぐにキャッシュが必要な場合

キャッシュがショート寸前で今すぐにお金が必要だというような場合も、ファクタリングの利用が向いていると言えます。銀行の審査は時間がかかりますので、すぐの対応は期待できません。またノンバンク(消費者金融)からの借入は、すぐの対応が可能であっても金利が高い場合も多く、返済できなかった場合のリスクも高いと言えますし、さらに印象が悪いのでできれば避けたいと考える経営者が多くいます。

ファクタリング会社は銀行と違って審査基準が優しいので、スムーズな対応が可能です。繰り返しになりますが、買い取る売掛金が信頼できるものであるならば、即日での入金も可能になります。

 

売掛金(債権)の信頼性とは?

売掛金(債権)が信頼できるものであれば即入金も可能ですが、この売上債権の信頼性とはどのようなことを言うのでしょうか?これは売掛先の会社の信頼性、そしてこれまでのあなたの会社との取引実績のことを指します。

たとえば買い取ってもらいたい売掛金があったとして、その売掛先の会社の規模や経営状態が見られることになります。またこれまでの取引実績はどうでしょうか?もうかなりの年数に渡って取引してきたでしょうか?それとも初めての取引の会社でしょうか?、また何年もの間確実に売掛金を期日までに入金してきているでしょうか?それとも入金遅れがあったり、回収できていないような場合があるでしょうか?

こういったすべてが売掛金(債権)の信頼性と関係があります。

 

・長年の取引実績のある会社

・これまで売掛金を確実に支払ってきた

 

こういった基準が満たされているならば、すぐにキャッシュが必要な場合でも対応が可能と言えますよ。

 

ファクタリング会社を選ぶ重要ポイントは?

ファクタリングに向いている会社

 

ファクタリング会社といっても実に多く存在します。手数料や入金までの期日の違いなど、それぞれファクタリング会社によっての特徴があります。

しかしファクタリング会社を選ぶ上での一番重要なポイントがあります。それはなんだと思いますか?

それはあなたが持っている売掛金(債権)の種類です。

 

売掛債権の種類がポイント!

 

売掛金の種類によってファクタリング会社を選ぶのが、一番賢い方法なんです。実は売掛金には種類があるんですよ。大きく分けると、いわゆる一般の事業を経営している中での売掛債権と、病院や介護施設などを経営していく中での診療報酬債権というものがあります。

 

一般の売掛債権は、たとえば取引先A社へ納品した商品やサービスの売掛金であり、期日までに入金してもらうものです。

 

一方診療報酬債権というものは、保険適用の医療サービスを行なって自己負担分、たとえば2割負担なら2割分を患者さんからもらい、残りの8割をレセプトと言いますが保険連に請求します。この8割部分を診療報酬債権と言います。

 

この診療報酬債権は、いわば国への請求でありこの債権は安定度が100%で、絶対に回収ができる債権とも言えます。

 

一般の売掛債権の場合は、もし取引先Aが入金期日までに倒産してしまったら回収できない不良債権となる可能性があります。

しかし診療報酬債権は、国への請求ですから確実に回収できるものという意味で、安定度が違います。

 

 

一般の売掛債権 = 回収できない場合がある

 

 

診療報酬債権 = 国相手なので確実に回収できる

 

 

ファクタリング会社の視点からすると

 

倒産してしまって回収が不可能になる可能性がある債権と絶対に回収できる債権とであれば、どちらを買い取りたいか?ということになります。当然後者ですよね。

ですからもしあなたが病院や社会福祉法人、歯科医院、介護施設、特別養護老人ホームなどを経営していて、診療報酬債権を持っているならば、それを基にお金を調達をすることが可能です。そしてファクタリング会社の中でも、診療報酬債権を専門に買い取ってくれるファクタリング会社がおすすめとなります。

 

診療報酬債権の専門買取ファクタリング会社の場合

 

・絶対確実に債権を回収できるため手数料が大幅に安い

・審査がほぼ確実に通る

 

という強みがあります。

あなたの買い取ってもらいたい債権が

診療報酬債権なら......

診療報酬債権専門のファクタリング会社でおすすめなのは

 

一方、あなたの持っている債権が一般的な売掛債権であるならば、診療報酬債権に比べれば安定度は欠けますが、それでも買い取ってくれるファクタリング会社はあります。

 

あなたの買い取ってもらいたい債権が

一般の売掛債権なら......

おすすめファクタリング会社は以下になります。

ファクタリング会社の老舗 三共サービス

経験豊富なスタッフが真摯に相談に乗ってくれる
日本全国対応だから地域差なし
最短2日で用意
最大1億円の買取手数料1.5%~(業界最安値)

製造工程に遅れが生じるとお金のやりくりが厳しくなります。親身に対応頂けて、無理な要望にも応えてもらい大変感謝しています。

金策したものの苦しくなり10社ものヤミ金融に手を出してしまっていましたが、三共サービスさんのファクタリングによって一本化してもらいました。一生懸命サポート頂きました。

以前利用していたファクタリング会社は手数料が高くて困っていました。三共サービスさんは以前の半分程度の手数料で済んでいるので助かっています。

銀行の借入が見込めず困っていましたが、担保も保証人も不要のファクタリングサービスを利用しました。問い合わせから2日でキャッシュが用意でき大助かりでした。

小口から大口までファクタリングのビートレーディング

日本全国対応
ファクタリング認知度全国一
契約件数全国トップクラス
経験豊富な営業がたくさんいて、顧客対応満足度No.1
売掛金があれば、小口から大口まで対応可能

Copyright© 資金ショート苦しい時の資金調達法 , 2018 All Rights Reserved.